ページ内を移動するためのリンクです。

老人性イボ

局所麻酔のクリームのみでイボ治療

イボには老人性のイボとウィルス性のイボがあります。

老人性のイボには、首のまわりやワキにできるイボ(スキンタグ)や、顔や首、体にできる盛り上がったシミ(脂漏性角化症)などがあります。いずれも悪性ではなく、紫外線による皮膚の角化異常や加齢が原因で、20代後半から出現します。どちらもエルビウムヤグレーザーにより、基本的に局所麻酔のクリームのみで治療ができ、少ない痛みできれいに取ることができます。ただし大きい場合には局所麻酔の注射をして、CO2レーザーで治療します。

ウィルスによるイボ(尋常性疣贅)や、子供に出来やすい水イボ(伝染性軟属腫)は増殖を防ぐため、早めの治療が必要です。
ウィルスによるイボの場合は保険治療ができます。
詳しくはウィルス性のイボのページをご覧ください。

治療メニュー

エルビウムヤグレーザー

お肌の正常組織を温存しながらレーザー照射を行う治療法です。主に、スキンタグ、脂漏性角化症などの治療に使用します。

料金(税込) 直径1mm ¥540
麻酔代 ¥1,080 / 薬代 ¥1,080
治療期間 1回の治療後、回復まで2週間

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)治療では、蒸散(皮膚表面より削る)処置を行います。スキンタグやウィルスによるイボが大きい場合にもCO2レーザーを使用します。

料金(税込) 直径1mm ¥540 麻酔代 ¥1,080
治療期間 1回の治療後、傷の回復まで2週間