ページ内を移動するためのリンクです。

タトゥー除去

タトゥーの除去について

最近はファッション感覚で気軽に刺青(タトゥー)を入れる人が増えていますが、気軽に入れられるようになったからこそ、後々に後悔する人が多いのも現状です。

タトゥー除去には何度もレーザー治療をする必要がありましたが、ピコレーザーの登場によって、すべての色のタトゥーを従来よりも少ない回数で除去できるようになりました。

  • 1. 素人彫り自分でいたずらに入れた刺青。色素はまばらで深さもまちまちです。レーザー治療回数は1~2回です。
  • 2. 玄人彫り彫り師がいれた刺青。色素は均一で、レーザー治療回数は3~5回ぐらいです。
  • 3. 機械彫り色素が多く、レーザー治療回数は5~8回ほどかかります。

また、手術で切除する方法は大きな傷が残ってしまうのが欠点です。

治療メニュー

NEWピコレーザー

タトゥーやシミ・そばかすの除去に高い効果を発揮する最新の医療機器です。光エネルギーを超短時間(500ピコ秒未満)で肌に伝達することで、従来よりも痛みやダウンタイムを抑えながらも確実な効果が期待できます。

料金(税込) 5cm²以下 ¥10,800
10cm²以下 ¥22,680

※別途麻酔代として¥1,080必要となります。

Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは色素のみをターゲットにレーザーが効くので、傷跡が残ることはない定番のレーザーです。シミ、あざにも使用しますが、タトゥー除去時にはかなり強いパワーで照射を行います。

料金(税込) 5cm²以下 ¥10,800
10cm²以下 ¥22,680
治療期間 月1回
※期間はタトゥーの内容によって異なります

※別途麻酔代として¥1,080必要となります。

Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザーは波長が長く、深い色素に対して効果があるため、Qスイッチヤグレーザーはスイッチルビーレーザーと交互に照射します。また、Qスイッチヤグレーザーはレーザートーニングにも使用しています。

料金(税込) 5cm²以下 ¥10,800
10cm²以下 ¥22,680
治療期間 月1回
※期間はタトゥーの内容によって異なります

※別途麻酔代として¥1,080必要となります。

手術

腕など皮膚に余裕がある部位は、切除して縫合することができます。一度に寄せることができない場合に2回に分けて手術をすることがありますが、治療は1〜2回で終わります。
ただし手術は大きな傷が残ってしまいます。

①切除縫合してFL:切除縫合できる場所と大きさに制限がある。

料金(税込) 2cm未満 ¥16,600
2cm〜4cm未満 ¥36,700
4cm〜6cm未満 ¥43,600
治療期間 1週間

※その他、投薬料と麻酔代が発生します。

利点1〜3回ぐらいでなくなる。
欠点傷が残る肩、上腕、腕はケロイド好発部位。

↓施術イメージ

術前
術後
2回の手術に分ける場合の1回目
術前
術後
2回の手術に分ける場合の2回目

②皮膚移植:薄め分層植皮術

料金(税込) 25cm²未満 ¥108,000
25cm²〜100cm²未満 ¥135,000
治療期間 1週間

※その他、投薬料と麻酔代が発生します。

利点1〜2回でなくなる。
欠点採皮部に新たな傷ができる。ケロイドになりやすい植皮。

↓施術イメージ

術前
 
術後

Q&A

Q
レーザー治療が終わるまでどのくらいの期間がかかりますか?
A
治療が終わるまでの回数は彫り方によって異なります。目安としては、月1回ペースの治療で機械彫りだと20回以上、プロの彫師が入れた場合は8回程度、素人彫りだと2~3回程度です。
Q
レーザー照射中の痛みはありますか?
A
まず麻酔のクリームを塗り、30分後に麻酔の注射をしてからレーザー照射をしますが、強いパワーで照射するため、多少の疼痛はあります。
Q
レーザー治療ではなく手術になるのはどんな場合?
A
腕など、切除縫縮できる箇所の場合は手術で取ることもあります。
Q
治療の跡が残ったり、シミになったりしますか?
A
レーザー照射によって色素沈着が生じることがありますが、これは時間の経過とともに必ず薄くなっていきます。レーザー照射後は日焼けしないよう十分注意し、色素沈着が生じた場合は、当クリニックが処方するハイドロキノンをしっかり塗布してください。