ページ内を移動するためのリンクです。

帯状疱疹

帯状疱疹とは

体調を崩しやすい季節の変わり目は、帯状疱疹にかかる人が多い時期です。近年は水ぼうそうにかかる人が減って、帯状疱疹に掛かる人が増えています。
年配の⼈がかかりやすい疾患ですが、最近は働き盛りの若い⼈にも増えています。
帯状疱疹は⽔ぼうそうと同じウイルスが原因で起こります。
ウイルスといっても⼈から⼈へうつるのではなく、⼦供のときに発症した⽔ぼうそうのウイルスが体内の神経節に残っていて、体の抵抗⼒が落ちたときに、潜んでいたウイルスが活発になって症状が出ます。

このとき、⽪膚と神経の両⽅でウイルスが繁殖して炎症が起きているため、強い痛みを感じます。
この炎症は体のどの部位にも起きますが、⾝体の左右どちらか⼀⽅の神経に沿って、強くズキズキ、ピリピリと痛むときは「帯状疱疹」をまず疑います。

帯状疱疹
痛い! 湿疹は
「帯状疱疹」と「口唇ヘルペス」を疑いましょう。

発症後しばらくすると、その部分が帯状に⾚くなり、やがて⼩さくて透明な⽔ぶくれが集まってでき、ときには⻩⾊くなります。

1〜2週間でかさぶたになり、2〜4週間くらいでかさぶたが取れて治癒します。
⼀般的には、⼀度帯状疱疹にかかると再発することはまれです。
⽔ぶくれの中にはウイルスが密集しているので、つぶさないようにしましょう。
⼩さな⼦どもなど、まだ⽔ぼうそうにかかっていない⼈には接触感染することがあります。
お⾵呂も、⽔ぶくれがかさぶたになるまでは、別々に⼊ったほうがいいでしょう。

帯状疱疹

できるだけ早めに治療を始めましょう

帯状疱疹は症状によっては⼊院して点滴が必要なこともあります。
また、発症時に強く痛むだけでなく、治ったあともいつまでも痛みが続く帯状疱疹後神経痛になることも。
顔や頭にできると、⽬に感染して視⼒障害を起こしたり、顔⾯神経の⿇痺を起こしたりすることもあります。
後遺症を残さないためにも、症状が出たらできるだけ早い時期に受診して、治療を始めましょう。

治療メニュー

水疱ワクチン

子供の頃に水ぼうそうにかかった時に作られた抗体は20年ぐらいすると弱くなります。その頃に自分の周りに水ぼうそうの子供が近くにいると、弱まってきていた免疫力が再度活性化され、ワクチンを接種したときと同じように働いてくれます。
ところが、最近は水ぼうそうのワクチンを接種するのが一般的になり、水ぼうそうにかかる子供さんが減ってきているため、若年層の帯状疱疹が増えています。

帯状疱疹は加齢により免疫力が低下することで発症することが多く、重症化したり、帯状疱疹後神経痛になる可能性が高くなってきますので、50〜60代ぐらいで水疱ワクチンを接種するのがいいと思われます。
厚生労働省は水痘ワクチンの効果・効能に50歳以上の帯状疱疹の予防も追加承認しました。一度接種すると10年ぐらいは効果が持続すると言われています。 たまに、ワクチンを接種することで帯状疱疹にかかってしまうこともあるので経過もしっかり診ます。

保険内服薬・外⽤薬

治療には、ウイルスの増殖を抑える抗ウイルス内服薬を処⽅します。
その他、症状に応じて、炎症を抑えるクリームや痛み⽌めを処⽅することもあります。