ページ内を移動するためのリンクです。

円形脱⽑症

円形脱⽑症とは

円形脱⽑症は、⽑包に対する⾃⼰免疫反応が原因と⾔われています。
疲労や感染症、強い精神的なストレスなどが加わるとリンパ球などの免疫反応が変調し、⽑包に炎症が起こって⽑が抜けるのではないかと考えられていますが、はっきりとした原因はわかっていません。
約2割の患者さんに家族にも円形脱⽑症になった⼈がいて遺伝的素因も指摘されています。

10〜20歳代に多く、⼥性患者さんが多いように感じられますが、実際には男⼥の差はありません。
⽖の変形やアトピー性⽪膚炎、甲状腺機能障害、膠原病などが合併していることもあります。
4ヶ⽉〜1年程度で⾃然治癒する場合もありますが、症状に応じて治療法を選択します。

治療メニュー

保険内服薬・外⽤薬

⽑髪の⾎⾏を良くするフロジン外⽤薬、⾃⼰免疫反応や炎症を抑えるステロイド外⽤薬は脱⽑斑より少し広めに塗布します。

保険局注治療

患部に直接ステロイド注射をする局注治療はとても効果的ですが、陥凹変形など副作⽤があるので様⼦を⾒ながら1 か⽉に1〜2 回⾏います。

保険局所免疫療法

局所免疫療法はスクアレン酸ジブチルエステル(SADBE)などを⽤いて⼈⼯的にかぶれさせ、免疫反応を変化させる治療法です。ただし、アトピー性⽪膚炎やかぶれを併発している場合は悪化する可能性があります。
抗アレルギーや免疫調整作⽤のあるセファランチン内服薬やグリチロン内服薬、アトピー素因のあるかたには坑アレルギー剤内服薬を併⽤します。また、ステロイド内服薬は重度の場合に⼤幅な改善がみられることがあります。

保険エキシマライト

難治性の場合はエキシマライトを使⽤したターゲット型光線治療を⾏います。紫外線を使った治療法で、病巣部分に照射する事によって過剰化したリンパ球などの免疫反応の抑制に効果があります。照射時間は数10秒ほどで疼痛はありません。

料金(税込) 詳しくは診察でご説明します
治療期間 1週間に1〜2回