ページ内を移動するためのリンクです。

レーザーフェイシャル

肌にダメージを与えずに
肌本来の元気を取り戻させる美肌治療

レーザーフェイシャルは「GentleLase Pro」を使い、ロングパルスアレキサンドライトレーザーを顔全体に照射する治療法です。

ロングパルスアレキサンドライトレーザーは本来脱毛レーザーであり、波長755nm(ナノメートル)のレーザー光はメラニン色素に吸収されやすいという大きな特徴があるため、レーザーフェイシャルモードに変えることでシミ、そばかす、くすみ、毛穴、毛穴の黒ずみなどの治療もできます。もちろん同時に顔の脱毛も可能です。

また、「GentleLase Pro」にはレーザーと同期するダイナミッククーリングディバイス(DCD)を搭載しているため、レーザー照射直前に寒剤を吹き付けることができ、皮膚を保護することができます。このレーザーフェイシャルモードでの治療を「スキンリジュビネーション」と言い、下図のようにダメージが起こらない程度の適度な刺激を肌に与えることによって真皮のコラーゲンを産生させ、肌を徐々に元気にさせられるという美肌治療なのです。

ロングパルスアレキサンドライトレーザーを使った脱毛治療に関しては、こちらのページをご覧ください。

こんなお悩みにおすすめ

  • ロングパルスアレキサンドライトレーザー

    GentleLase Pro
    (認可済)

治療の流れ

  • STEP1
    まずは特殊なカメラでお顔を撮影させていただき、潜んだシミや肝斑もしっかりチェックし、照射可能であるかの診断を行います。
  • STEP2
    照射範囲、仕上がりの希望などをお聞きし、医師がじっくり診察をさせていただきます。わからないこと、不安なことがあれば、何でもご相談ください。
  • STEP3
    施術当日は、受付を済まされましたら洗顔をしてお待ちください。担当看護師がお部屋へご案内いたします。
  • STEP4
    医師が患者様に合ったパワーの指示を出し、看護師がご希望の部位に、照射していきます。痛みはほとんどありません。
  • STEP5
    施術後はクーリングを行います。
  • STEP6
    施術後はメイクをしてそのままお帰りいただけます。紫外線対策をしっかりお願いします。
  • STEP7
    3週間~5週間で再び施術を受けていただくと、さらに効果を実感していただけます。

料金表

料金(税込) 顔全体 ¥23,100
治療期間 1ヶ月に1回のペースで5回

症例写真

施術前

Before

施術後

After

40代女性
毛穴とそばかすのようなシミを気にされて来院されました。
しみの診察の際にUVカメラで撮影をおこない、肝斑がないことを確認しましたが、小さいシミが多くあったため、ルビーレーザーではなくレーザーフェイシャルを選択し、レーザーフェイシャル15㎜ 18J/cm2を3~4週間隔で3回照射しました。
写真は施術前と、3回照射後のものです。

1回の照射後に濃いめのシミが薄くなったと実感いただけました。
ただし、薄いシミは3回照射後も残っているものがあります。
最初のうちは効果を実感していただくために1ヶ月に1回のペースで治療を受けていただきましたが、今後は患者さまの希望に合わせて、年に3~4回の照射をすることをおすすめしました。

メラニンがなくなった肌は、肌を保護するために再びメラニンを生成する働きがあるため、一度シミ治療をしたあとも紫外線対策や、ビタミンC誘導体、ハイドロキノンといった外用薬塗布の継続を指導しています。

また、レーザーは脱毛よりやや高めのパロメーター(パワー)で照射するため、軽度の赤みが生じます。
熱傷のリスクがあるため、細心の注意を払って施術をおこなっています。

【費用総額】
顔全体(¥23,100) × 3回 ¥69,300
UVカメラ撮影費 ¥1,100
総額 ¥70,400