絶対焼かない人に!

肌に優しいICモイスチュアサンスクリーン

ご購入はこちら

ICモイスチュアサンスクリーン

ノンケミカルの中でも圧倒的な使用感

今までのノンケミカルの日焼け止めには欠点がありました。
それは塗った時に出る白浮きと、重くベタっとすること…
しかし今井クリニックが開発したICモイスチュアサンスクリーンは思考錯誤を繰り返し、研究を重ねた結果、白浮きしにくく他社の製品と比べても滑らかなノンケミカルの日焼け止めを実現しました。敏感肌の方にはもちろん、これまでのノンケミカルでは満足できなかった方にもおすすめです。

保湿成分入り、美白成分入り(ビタミンC誘導体)

ヒアルロン酸・セラミド入りで、SPF値の高い日焼け止めによくみられる肌の乾燥を防ぎ、また紫外線の防止をしながら肌のケアに必要な保湿をしてくれるため、敏感肌で乾燥しやすいという方にもオススメです。また、美白を目的としてビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルMg)を配合。ビタミンC誘導体は紫外線に当たると抗酸化機能を発揮し肌の老化などを防ぎ、肌の奥に浸透すると肌の中の酸素によりビタミンCになるため美白効果も期待できます。

パラベン・アルコール・鉱物油・香料、全て不使用

ノンケミカルでもこれらの成分を使用していると肌に悪影響を与えますが、ICモイスチュアサンスクリーンはこれらの成分全て不使用です。
低刺激性の日焼け止めなので、アトピー性皮膚炎や敏感肌の方でも安心して使用できます。


ノンケミカルでも本当に紫外線から守るの?

ICモイスチュアサンスクリーンは
「SPF50+」「PA++++」

ICモイスチュアサンスクリーンはノンケミカルなのにサンケア指数は日焼け止めの中でも最高基準の「SPF50+」「PA++++」なので紫外線からバッチリ肌を守ってくれます。今までの「SPF50+」「PA++++」の日焼け止めはノンケミカルでないため肌荒れになってしまうケースも少なからずありましたが、ICモイスチュアサンスクリーンなら「肌荒れが気になるけど、しっかり日焼けは防ぎたい」方にピッタリです。

日焼け止めによる肌荒れでお悩みの子供、母親にオススメ!!

ICモイスチュアサンスクリーンは
アトピー性皮膚炎や敏感肌にもOK!

通常、日焼け止めは紫外線吸収剤を使用しており、これが人によっては紫外線で化学反応を起こし、肌を刺激することで肌荒れや赤みを起こす原因になっていました。ICモイスチュアサンスクリーンは紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤を使用し、紫外線を反射させますので肌荒れなどのトラブルがありません。そのためICモイスチュアサンスクリーンはアトピー性皮膚炎や敏感肌の方、お子様でも安心してお使いいただけます。

日焼け止めの適量

日焼け止めは量が少ないとムラになり効果を逃してしまいます。
SPF値・PA値の基準量は1平方センチあたり2mgとなります。
顔全体を塗るときは0.8g必要です。大体500円玉くらいの大きさです。
一度にこの量を塗るのは難しいので半分に分けることをオススメします。
適量を使用し紫外線から肌を守りましょう!!

まず肌に5点置きしましょう。
(額・両頬・鼻・あご)

図のように内から外に向かって指全体を使って優しく丁寧に塗りこみましょう。
もう一度5点置きを行い、同じように塗りましょう。

塗り残しがないように首の後ろ、耳、デコルテにもしっかり塗りましょう。

手首から肘の関節まで一本の線のようにだし、手のひらで優しく広げて塗りましょう。
足も同じように関節から関節まで一本の線のように出し、優しく手のひらで広げて塗りましょう。

髪の生え際、眉間、耳、フェースライン、首の後、小鼻のわきが多い場所です。
細かいところですが塗りの残しがないようにしっかり塗りましょう。

脇や側面、手や足の甲、ひざ、ひざ裏が塗りの残しが多い場所です。特にスリッパなど履くときには注意をしましょう。靴下焼けも注意してしっかり塗りましょう。