ページ内を移動するためのリンクです。

花粉症

花粉症とは?

スギやブタクサなどの花粉が鼻やのど、目の粘膜についたときにアレルギー反応が起こり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりや目のかゆみなどの症状を起こすのが花粉症です。
敏感な人は1月中旬から、2月に入ると症状を感じる人はぐんと増えます。
症状が重くなると、皮膚のかゆみや頭が重い、だるさや不眠、集中力の低下など、全身にさまざまな症状があらわれることがあります。
これらの症状はお薬で良くなることがほとんどですので、辛い症状を我慢せず、ぜひ受診してみてください。
花粉症初心者で、発症時期・原因のわからない場合は血液検査を行い、アレルゲンを調べることもできます。
スギ花粉以外にも季節によってさまざまな花粉が飛びますので、自身のアレルゲンと花粉の飛散時期を知っておくことは、早めの予防対策に役立ちます。

花粉症を起こす主な植物とその時期

主な原因植物 開花時期および飛散時期









10
11
12
スギ
ヒノキ
カモガヤ
ホソムギ
ブタクサ
ヨモギ

治療メニュー

保険内服薬・外用薬

抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の服用と、炎症箇所にはステロイド外用薬と保湿剤の塗布が、花粉症の発症後でも有効です。また、症状が出始める2週間ほど前から抗アレルギー薬を飲んでおくと、症状を軽減できます。

保険アレルギー検査

保険適用で受けられるアレルギー検査です。血液から検査を行い、一度に39種類ものアレルゲンについて調べることができます。お子様でも検査可能です。

検査可能なアレルゲン39種
吸入系・その他のアレルゲン ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮膚、イヌ皮膚、ガ、ゴキブリ、スギ、ヒノキ、ハンノキ(属)、シラカンバ(属)、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ、アルテルナリア(ススカビ)、アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ、マラセチア(属)、ラテックス
食物系アレルゲン 卵白、オボムコイド、ミルク、小麦、ピーナッツ、大豆、ソバ、ゴマ、米、エビ、カニ、キウイ、リンゴ、バナナ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、鶏肉、豚肉
料金(税込) 保険治療(3割負担の方で¥4,290)